・道央某市から、商品宅配にての依頼作業です。T T様、御依頼有り難う御座いましたm(_ _)m
 御覧の通り、薄灰色から白色(真っ白ではありません!革サンプルから選んで頂いた「ホワイト」ですが
 若干の黄色と超微量の赤と青も入っています!!)へのカラーチェンジです。
 
 後日、「御客様の声」が届きました!!
 「やはり<染めQ>での自家塗装とは雲泥の差が出ますね。納得のゆく仕上がりに満足しています。
 またお世話になる時はよろしくお願いします、。この度はありがとうございました。」

 TT様、こちらこそ又何かありましたら御用命の程、宜しく御願い致します。_(._.)_
 

※特別編5:カラーチェンジ施工例〜by HONDA LEGEND

「戻る」

・ヘッドレストの凹み部分も当然御覧のように仕上がっていますが、ここからは作業の詳細を
 少々説明させていただきます。というのは上段の後部座席施工前の背凭れが1工程でこの様に
 なる訳ではないのです・・・???

・何故かというと殆どの車の場合、本革シートとはいえ各所に合成皮革が併用されているからなのです。
 この「背凭れ」で言うと、以下の説明映像の各部(○印の各ブロックやパイピング部)が合成皮革です。
 映像にはありませんが後席肘掛け部も上下面は本革、パイピング及び左右面は合成皮革です。
 当社では、手間はかかりますが素材によって、それぞれに相性のいい塗料を使い分けておりますが
 それは、当然耐久性に大きく影響するからです。

・後席座面から具体的に見ていきます。左の映像が本革部分施工後、右の映像が合成皮革部施工、全体仕上げ後です。

・次は運転席です。目立つ箇所と目立たない箇所で材料が鮮やか(笑)に使い分けられています。

・最後にヘッドレストです。上段が前席用です。
 下段、後部座席のものは全て合成皮革(^^;)です。(皆さんご存じでしたか?(^_-)!)

以上、お楽しみ頂けましたでしょうか!?(^^)/~~~